アパート経営を考える

土地活用の一環として、アパート建築を考えてみるのも良いでしょう。
または不動産屋に勧められたという場合、具体的にはどういうことなのかを整理してみましょう。
大体想像は付きますが、アパート建築を一から辿っていきましょう。

アパートというと、人に貸す家のことを言いますが、マンションとは違います。
定義としては、低層階の建物とされています。
建築法でというと、軽量鉄骨造の建物というものです。
専門的な言葉ですが、要するに2階建て程度の建物であるということです。
たいてい部屋数にして4軒から8軒と言ったところです。

アパートは日本でしか通用しない言葉で、英語ではアパートメントといいます。
賃貸住宅の中でも、あまり部屋数がなく、比較的安価なものをアパートといいます。
ちなみに外国でマンションというと、豪邸を指しますが、日本のマンションとは異質です。

具体的なアパート建築と言うと、建物内部に1軒ずつの部屋を作ることになります。
普通の住宅よりは時間もお金もかかりますが、実際に人が居住することで、家賃収入が安定的に回ります。
土地活用としては最適の方法とされています。
不動産屋としても、お勧めの建築の一つとして提案する場合が多いです。

もし、不動産屋に言われた場合は、メリットだけではなく、デメリットも確認することも必要です。
単にアパート建築だけなら少し多くの建築費がかかることですが、問題はその後のメンテナンスと定収入の有無などです。
保証問題などもありますから、良く説明を受けてください。



[PICK UP]
アパート建築業者の一括見積請求で建築費の比較が出来るサイトです ・・・ アパート建築業者

Copyright © 2014 アパート建築を始める前に All Rights Reserved.